HOME | camp | 効果検証済みノウハウの結集

プレーの土台を作ってミスを減らせ!

安定性アップのコツ講座

「プレーに波があり安定しない」
「最近なかなか上達しない」
「周りからいろいろ言われて何が良いのか分からない」
「試合で良い結果につながらない」
 
こんな悩みのある方に、ミスを減らし安定したプレーをするコツを「じっくり」「しっかり」お伝えして、あなたのプレーの土台づくりを致します!
 

あなたのミスの原因は?

テニスでは「ミスの8割は打つ前に決まっている」と言うのをご存知ですか?
 
打球時からさかのぼって必要な要素を挙げると、
1:フォーム 2:ポジション 3:判断 4:予測 5:プラン
となります。
 
1が打つ時の要素で、2〜5は打つ前に必要な要素です。打つ前の要素が上手くいかなければミスをすることになるので、「ミスの8割は打つ前に決まっている」ということになるのです。それなのに多くのプレーヤーはフォーム(打ち方)がミスの原因だと思い込み、打ち方の改善ばかりに意識を向けて練習しているのです。これではなかなか結果につながらないのは当然です。
 
私自身がトーナメントに出場していて実感するのもこの部分です。試合中にミスをすると素振りなどでフォームを確認しているプレーヤーが結構います。このようなプレーヤーは、こちらが深さを微妙に変えたりペースを変えたりして打つとポジションミスや判断ミスをしてくれます。しかもそれに気づかずに素振りをして首を傾げてくれるのです。
 
この話を聞いてあなたはどう思いますか?打つ前の8割の要素のスキルアップを目指した方が、効果が高いと思いませんか?
 
打つ前の要素については、スクールなどではなかなか教えてくれません。というより教えられるコーチが少ないのです。多くの場合「経験を多く積まないとダメだ」とか「センスが必要だ」などの言葉で片付けられてしまう場合が多いようです。
 
キャンプでは、打つ前の各要素をスキルアップさせるための練習ドリルが用意されています。それらの各要素は互いに連動しあってい、あなたのプレーの安定性を確実にアップさせてくれます。
 

気になるショットのプライベートレッスンタイムもご用意!

ミスの原因の8割が打つ前にあると言いましたが、フォームがどうでもいいと言っているわけではありませんし、やっぱり気になるという方も多いと思います。
 
キャンプでは、マンツーマンで動画を取りながらのプライベートレッスンタイムもご用意しています。あなたのお悩みをお持ちいただければ、その改善にも協力致します。
 

集中してプレーしていますか?

集中してプレー出来ると周りの雑音が気にならずストレスなくプレーでき、プレー後にはの開放感・爽快感を感じることが出来ます。
 
さらに集中状態ではプレーヤーの動きは反射的になり、スムーズで素早い動きが出来るようになります。その為、集中状態を作って練習する時間が増えれば成功体験を多く積め、自信にもつながり、上達も加速することになります。
 
あなたはどれくらい集中してプレーできていますか?
練習中に自分の頭の中で「今のミスの原因は何だろう?」「もっとこうした方が良かったのかな?」などとあれこれ考えてしまっていませんか?
上達するために考えることは重要ですが、考える時間と集中する時間をうまく切り替えることが非常に重要です。
 
キャンプでは、練習テーマごとにポイントを絞って練習に集中してもらい、集中できない疑問などが生まれてきた場合には個別にコーチとじっくり話すことが出来ます。
 

一緒に上達を目指しましょう!

私(BTL徳重)自身も、いまより少しでも上達したいと毎日のように試行錯誤しながら練習、試合に挑戦しています。ベテランJOP大会をメインに参戦し、レッスンで皆様に提案している練習方法やアドバイスなどは自分自身の中でも実践し、常にアップデートもしています。テニスに関するお悩みならば用具から技術面、メンタル面まで何でも相談に乗ります。
 
初めてご参加の方、お一人で心細い方、テニス歴が浅い方、どんな方でもやる気のある方なら大歓迎です。皆様のご参加を楽しみにしております。
 

BTL 徳重幸人

シングルスで勝つコツ講座

~ゲームドック!あなたの試合を分析します!~

あなたは練習とゲームでのギャップに苦しんでいませんか?

シングルスをすると
 ○普段の練習を活かすことができずに、情けなくなってしまう。
 ○ただがむしゃらにボールを追いかけているだけになってしまう。
 ○相手にあわせてしまい、どんな相手でも拮抗したスコアになってしまう。
 ○しこりあいになってしまい、ミス待ちの試合になるため、しんどい。
 ○試合中劣勢になると、どう切り替えて良いかわからなくなり、迷ったり、はまったり、その状況から抜け出せなくなる。
 
こんな情けない、しんどい、くやしい想いから脱出したい為に、ただ闇雲に練習をしたり、試合に出て経験を積んだりしていませんか?
 

技術練習ばかりでは勝てるようにならない!

試合で勝つ為にはどうしたらようのでしょうか?
「苦手ショットを安定させるためにスピンをかけるスイングを意識する」
「速いサーブを打つためにボディーローテーションやプロネーションを意識する」
というように、弱いショットの技術練習をして技術力をあげていく、と考えるのが一般的なようです。たしかにそれも一つの解決方かもしれません。
 
また、技術練習でひとつの技術を覚えたとしても、こんどはその技術の使い方を覚えるためにあらたな時間と労力が必要になります。
これでは時間がかかり過ぎてしまい、気力体力が続かないとは思いませんか?
 

すべてのショットを覚える必要はない!

結果につなげる為に絶対に必要なことは、あなたにとってフィットしたゲームの仕方を身につけることです。ストーリーをもって試合にのぞみ、ゲームを展開できる実行力をもつことがポイントなります。
あなたを打ち負かしてきた相手も、すべてのショットができたわけではないと思います。場合によっては、あなたよりも技術的には低いと思われる相手に負けてしまった経験もあるかもしれません。
 
あなたにフィットしたゲームの仕方を身に付け、ムリやムダなミスを減らし、ムラのあるゲームをなくすことが、結果につなげるために絶対に必要なのです。
 
 

客観的なゲーム分析からアドバイス

私は以前、テニスジャーナル誌にて「最高の敗者は語る」という草トーナメントの決勝戦を取材し分析する企画の連載をしていました。この取材で多くのアマチュア選手の試合を分析しインタビューしました。
その結果分かったことは、技術的には上級者であっても、プレーヤー本人の分析は主観的な印象に過ぎず、客観的な分析とはズレが多く、あてにならないことが多かったのです。
プレーヤー本人には先入観がつきまといます。つまり本人が「バックが苦手」と思っていると、バックでミスした時に「ああ!やっぱり!」と思い、そのミスの印象ばかりが強く残ってしまいます。実際には打つ回数の多かったフォアの方が多くミスをしていたとしても。
さらに、ミスした原因はそのショットの技術不足ではなく、配球やポジションが悪かったり、状況判断が良くなかったりしたために起ったミスの場合も、本人はそれに気づかずに、ショットの技術不足だと思ってしまうことが多いのです。
 
つまりプレーヤー本人の主観的な分析だけでは、競技力アップに繋がりにくく、しっかりとした客観的な分析が必要なのです。
 
キャンプでは、BTL特製スコアシートなどを活用し、あなたのゲームデータを記録します。そしてそのデータを分析し、あなたにフィットするゲームプラン、陥りやすいミスの傾向などをアドバイスさせて頂きます。
さらにあなたのゲームを動画にとり、分析ソフト「テニスアナライザー」を使い、データと実際の動画をすり合わせてフィードバックすることで、より明確に改善すべき場面をビジュアルでも確認できるように致します。
(動画データは編集作業が必要なため、後日ネット配信にて自分のゲーム動画を確認して頂く形になります。)
 
やみくもに試合に出たり、実践効果の少ない練習に終始したりして、時間・体力・お金のムダ使から脱却したいとお考えの賢いあなたにとって、貴重な体験となることと思います。
 

一緒に上達を目指しましょう!

私(BTL徳重)自身も、いまより少しでも上達したいと毎日のように試行錯誤しながら練習、試合に挑戦しています。ベテランJOP大会をメインに参戦し、レッスンで皆様に提案している練習方法やアドバイスなどは自分自身の中でも実践し、常にアップデートもしています。テニスに関するお悩みならば用具から技術面、メンタル面まで何でも相談に乗ります。
 
初めてご参加の方、お一人で心細い方、テニス歴が浅い方、どんな方でもやる気のある方なら大歓迎です。皆様のご参加を楽しみにしております。
 

BTL徳重幸人